小松内科医院ホームページ  小松修画文集   小松修写真帖   小松修短編集   小松修挿絵集   小松修雑記帳 



 小松修短編集 


    青森県医師会報、八戸市医師会誌などに掲載された短編を収録しました
   
 題名をクリックしてページを開いてください   komatsunaika@yahoo.co.jpメールはこちらまで

【 寓 話 】
                 < 様々な人生 >
           最期の言葉 体の中には「言葉の小袋」があって・・・・
   
幸せのオーデコロン 自分の「不幸の匂い」を気にしたK氏は・・・
        
千の風になって K子さんは歌声喫茶「ともしび」へ行ってみた・・・
            
繭 の 中 人は自分の思い描いた物語の中に生きている・・・
  
今生のことしか分からない 芋虫は無心に葉っぱを食べていたが・・・
            
籠 の 鳥 K老人は夢の中で鳥を籠に閉じ込めたまま夢から覚めた・・・
       
バルセロナにて 「神がお植えになった所で咲きなさい」
           
お 迎 え ある夜、玄関に喪服の男が立っていて「お迎えに来ました」という・・・
       
神様から貰った 「私は、神様から貰った食べ物をもうみんな食べたから・・・」
          
失われた時 「私」は「記憶と感覚の寄せ集め」だったのか?
          
 車輪の下 夢の中の父は言った。お前は親孝行だ、お前を誇りに思う・・・

  
さよなら!ウィン・フィルKさんは聴力を失うとともに、宇宙の森羅万象に響き渡る音を聞いた!
      
ある人生劇場 人生劇場の舞台で主役を演じ最高の花道を降りて行きたいものだ・・・


             < 社会問題・現代世相 >
    
ファミリーレストラン テーブルの食べ残しは手際よく片付けられて・・・
        「着信ナシ」 インターネットを使って革命を企てたK君は・・・
 
         姥捨て山 K先生は今夜も夢の中で「楢山参り」の山道を登っていた・・・
 
   K大統領の窮屈な初夢 
世界史の表舞台を待つK大統領は・・・
 
         胡蝶の夢 K君はパソコンで仮想現実の世界に遊びに出掛けた・・・
 
     分かりやすい未来 国民一人ひとりに「個人番号カード」が交付されて・・・
 
         ゴ ジ ラ 圧倒的な破壊を続けるゴジラの正体とは・・・
 
        聖火と戦火 アスリートたちは何のために闘うのか?・・・


            < 経済・資本主義の行方 >
 
       史上最大の大津波 資本主義という大津波が地球を呑み込もうとしている・・・
             沈 黙 K和尚さんの問いに弥勒菩薩は柔和な微笑を湛えたまま・・・
        K国家の明るい未来 全てを新自由主義に任せたK国家の未来は・・・
                 最後の革命
 革命の映画を見たK先生は自分の半生を想い返していた・・・


           < 日本とアメリカ >
   正義の味方K爺さんの白昼夢 K爺さんのテレビから驚くべき放送が流れて・・・
 
          バベルの塔 K子さんは憧れの英会話を習い始めた・・・
 
           ガレー船が行く 貿易商のK社長はジャンボジェットに乗ると「ベン・ハー」を・・・


                   
< 戦 争 >

 
         K君に赤い紙が 就活に出遅れたK君は招集令状で軍隊に・・・
    
     胸に刺さる言葉 正義の言葉を胸に刺して・・・
 
          禿山の一夜 世界の神々はブロッケンの禿山に集まっていた・・・
            生きた証 
「生きかはり死にかはりして撃つ火かな」地球人の習性を捉えて見事だ!



               < 哲学・心理 >
 
 パソコン店員K君の奇妙な体験 K君はパソコンと会話するようになった・・・
        
の王様・改訂版 真理の言葉を刻んだ至上の美の服が織られ・・・
 
          ある出来事 K博士はあらゆる学問を修めそこから新しいアイデアが・・・
 
         ある人体実験 「死の恐怖」は先天性か後天性か科学的な実験が・・・
 
  見つからない”あなた”と”私” 「黙とう!」解剖学教授の厳かな声が響きました
 
          私 は 誰? 「私」という意識は脳のトリックによって作られている・・・
 
         永遠の異邦人 K君は「異邦人」を読んでパロディ短編を書こうとした・・・
 
       誰も居なくなった 自由意志を持った主体は全宇宙のどこにも居ない・・・
 
       地獄八景亡者の戯れ K医師は死んで地獄巡りのツアーに出かけた・・・
     K画伯の白いキャンバス 「人間は生まれたとき白紙である」・・・
    K先生のシュールな出会い 「手術台の上でミシンと蝙蝠傘が偶然出合ったように美しい」
     恋に落ちたコペルニクス ある日、彼はひとりの修道女と巡り逢った・・・
           簡単な答え 古書店主のKさんは「世界の名著」を片端から読み始めた・・・
         鏡の中のK先生 私は死ぬのじゃなくてただ眠るだけなんです・・・
 
       私のルネサンス! 
自分は「運命に従順な一本の葦」であると知れば、生きることは楽しいのだ
 
         語り得ぬもの 語り得ぬもの(形而上学的もの)については沈黙しなければならない・・・
 
       水槽の中の「私」 水槽の中で培養された神経細胞の塊の中に意識が生じた!・・・


           < キリスト教・イスラム教・仏 教 >
 
     K神父の真夏の夜の夢 K神父のラジオから驚くべき放送が流れて・・・
 
      保健所長K氏の悪夢 鳥インフルエンザよりも恐ろしい感染症が・・・
 
          弥勒の問い 弥勒菩薩は地球へ到着すると吃驚(びっくり)仰天した・・・
 
      もう一人の三蔵法師 宇宙の真理を究めんと宇宙船は地球を目指していた・・・
 
         宇宙の彼方へ K社長は宇宙遊泳を楽しもうと船外へ跳び出した!・・・
 
         宇宙文化遺産 大聖堂や寺院が宇宙文化遺産に登録されるはずだった・・・
        ミリンダ王の問い 「燈火の比喩」と遺伝子工学、自分は何者?
            一塵法界 物理学者のK先生は夢の中で砂漠に座っていた・・・
 
K君は巡礼の旅に出ることにした K君はアラブの老人とメッカへの巡礼の旅に出た・・・
           次の救世主 キリスト教を超える次の救世主が「世界宗教」を成立させるのです!
 
       釈迦とムハンマド 釈迦はムハンマドに会見すべく天に昇った・・・
        三界は虚妄にして ■「世界は全て神経細胞のネットワークによって作られた幻である」
        もう一つの聖母像 宇宙の荒野から新天地を求めて宇宙船がやって来た・・・
 
          地球は狭い いつまでも「唯一絶対の神」では通用しない・・・
            
 隣の観音様 あなたの隣のお人が観音様の化身かも知れないのです。


             < 脳 科学 >
  パソコン店員K君の使用説明書 K君に頭の使用説明書が届いて・・・
 
        症例はK.Kさん 脳は多数の神経細胞で構成されており、その結果・・・
 
        ルネサンス再び ついにヒト脳の全容が解明された結果・・・
 
      ある日のコルサコフ 彼は「魂は存在するか」という論文を書こうとしていた・・・


            < 医師たちの世界 >

    若きK医師の「罪と罰」 ドストエフスキーを愛読するK医師は当直の夜に夢を見た・・・
            城(しろ) 医学を学んでもK先生は心の飢えと渇きを感じていた・・・
           命のビザ 開業医K先生は夢の中で6000枚の通過ビザを書き続けた・・・
              変 身 自分が何者なのか?決めるのは、自分であり、他人である・・・
 
        夜と霧の中で 人生に意味は無い。自分が人生に意味を与えるのだ。
            ガラス戸の中「自分の人生の目的地って何なんだ?」未だ答え合わせが出来ていない
            
善人なをもて夢の中で親鸞聖人はK先生に穏やかにこう語った・・・
            
ある挽歌霊柩車が長い警報音を発して葬儀場を出立し、墓地へ向かった・・・


【 エッセイ 】
          因果は巡る 科学的な説明ならつい信じてしまう・・・
          南部へ帰りたい
 私にとって凍土と青空が故郷の匂いだった・・・
         人生は映画フィルム 多数のスナップ写真をつなげると映画になり・・・
    人間いたる所に青山あり 誠実に問い続けるならば自ずと道は開かれる・・・
          私は回遊魚 サケが必ず生れ故郷の川に帰るように、私も・・・
          間に合った! 私の半生は、泣きながら父の後を追う子供のもがきのようだ・・・


【 青森県八戸市の月刊誌「うみねこ」に連載 】

            生老病死 
老母が包丁で首を切って・・・
         死後の世界 「死んだらどうなるの?」
      冬蜂の死にどころなく 
高齢化のあまり、看取りが困難に・・・
        迎え火を焚く 
人生に、避けられる病と避けられない病とあり・・・
          生まれる 自分の生まれを選べない・・・
     認知症はプレゼント 
神様は人に認知症を与えて苦痛の人生から解放してくれる?
         便のお世話 
ある介護ヘルパーさんが脳卒中の夫を介護することになったら・・・
          科学的? 科学的な(?)説明のもと高額なサプリメントが・・・


【 青森県三戸郡田子町の広報誌に連載 】
   小松院長のこぼれ話(1) 田子町広報「たっこ」連載より第 1話〜第10話
   小松院長のこぼれ話(2) 
田子町広報「たっこ」連載より第11話〜第20話
   小松院長のこぼれ話(3) 
田子町広報「たっこ」連載より第21話〜第22話


【 回 想 】
         ご遺体の傍らで 「黙とう!」解剖学教授の厳かなこえが響き・・・
      私の黎明郷スナップ写真 黎明郷リハビリテーション病院勤務の頃の回想
 町立田子病院へ赴任して思うこと 「町民による町民のための医療」
 
  「小松内科医院」満一歳の記 「小松内科医院」開業して一年目の自己紹介
  '97 開業医Dr.Kの散文的な日々 秋田大医学部同窓会誌への近況報告



【 シンポジウム 】
 
「勤務医と開業医の話し合いの会」 研修医の先生方へ開業医としてお話したこと


 ご一読ありがとうございました。ご感想をお知らせ下されば幸いです komatsunaika@yahoo.co.jpメールはこちらまで

    小松 修( 青森県八戸市在住、小松内科医院長 )ご紹介します
   
Copyright (C) 2009 Komatsu Osamu All Rights Reserved

小松内科医院ホームページ  小松修画文集   小松修写真帖   小松修短編集   小松修挿絵集   小松修雑記帳 













  
1